福祉事務管理技能検定について

2012年に診療報酬と介護報酬が同時に改定され、これまでより医療と介護の連携が重要視されるようになりました。
これにより医療保険と介護保険の両方を利用する施設やサービスが増加し、両方の知識を持つエキスパートの存在が求められるようになりました。
福祉事務管理技能検定はこのような背景をもとに実施されているもので、近年受験する人が急増しています。
試験の内容は社会保障や社会福祉制度に関すること、老人や障害者の心理や介護に関すること、介護保険制度や介護報酬事務請求に関することとなっており、正答率が全体の60%以上で合格となります。
勉強法としては、スクールに通い講義をうける方法、通信教育で学ぶ方法、テキストを利用して自分で学習する方法などがあります。